めまいとふらつきの症状

めまいとふらつきの日頃の症状について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまいと漢方

めまいの漢方治療についてです。
ぐるぐる回る感じがする、ふわふわと揺れている感じがする、立ちくらみがする、
などと表現されるめまい。近年、めまいを訴える患者さんは、社会機構の複雑化、
ストレスの増加、高齢化社会の推移に伴って増加の傾向があるという報告があります。
めまいは耳の奥にある体のバランスを保つ三半規管に何らかの障害があったときに
現れる場合と、病気が原因となって起こる場合があります。前者はメニエール病、
良性発作性頭位眩暈症、内耳炎など、後者は更年期障害、自律神経失調症、
低血圧、高血圧などです。また、病院で検査してもはっきり原因がわからないめまいも多く、
本人はより不安感が強くなることが多いです。
漢方医学ではめまいは「風、火、痰、虚」の4つが病因と考え、大きく3つに分類します。

・陽気が頭に過剰に上がる場合
気が短くイライラしやすい方、血圧が高めの方に多く見られ、ストレスで
めまいが悪化する傾向があります。ふわふわと揺れるタイプが多く、過剰にあがった
陽気を鎮静させて、めまいを改善します。漢方薬としては、釣藤散、抑肝散、
柴胡加竜骨牡蠣湯、降圧丸などが効果的です。

・水質代謝が低下して、頭に水が滞る場合
肥満傾向の太っている方、水分を取りすぎの方に多く見られ、雨天前にめまいが悪化する
傾向があります。ぐるぐる回る感タイプが多く、水質代謝を良くして、水毒を解消し、
めまいを改善します。最もよく見られるタイプです。漢方薬としては、半夏白朮天麻湯、
苓桂朮甘湯、温胆湯などが効果的です。

・気血が頭に不足している場合
貧血気味、血圧が低めの方に多く見られ、疲れるとめまいが悪化する傾向があります。
立ちくらみタイプが多く、気血を補い、体質を丈夫にして、めまいを改善します。
漢方薬としては帰脾湯、補中益気湯、婦宝当帰膠、海馬補腎丸などが効果的です。
めまいは漢方医学が得意としている分野のひとつです。体質に合わせた漢方薬を服用すると、
長年の頑固なめまいも、改善していくことも多くあります。

ただ、注意点としてはまずめまいが起きた場合は医師の診察を受けてください。
既に病院にかかられている方は、主治医に相談の上使用してください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。