めまいとふらつきの症状

めまいとふらつきの日頃の症状について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまい予防-日常生活の注意点

めまいを予防する日常生活の注意点です。

■規則正しい食事
栄養が不足すると血行不良となり、めまいが起こりやすくなります。栄養バランスを考え、
1日3食を規則正しくとります。なお、水分や塩分の制限を勧められた場合は
主治医の指示に従ってください。

■コーヒーの飲み過ぎに注意
リラックスする程度に飲むのであれば問題ありませんが、飲み過ぎるとコーヒーに
含まれるカフェインの作用によって興奮したり、夜中にトイレに起きたりする様に
なって眠れなくなることがあります。

■お酒は控えめに
お酒は脳の機能を低下させるので、めまい(ふらつき)が悪化する可能性があります。
また、お酒の飲み過ぎは生活リズムを乱す恐れがあります。しかし、適度な飲酒であれば、体にもいいので適量を心掛けてください。

■タバコは控えめに(禁煙が一番ですが)
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くするので、めまいが
起こりやすい状態になります。

■睡眠を十分に
睡眠不足が続かないよう、十分な睡眠をとります。睡眠不足はめまいだけではなく、
様々な病気の原因にもなります。また、できるだけ同じ時間に就寝・起床するように
心掛け、生活のリズムを整えてください。

■ストレスをためない
ストレスの原因を減らすよう工夫してください。また、適度な運動や趣味を楽しむなど、
気分転換をします。

■主治医がいる場合は注意点を確認しておく
乗り物に乗って窓からの景色を眺めたり、気圧の変化を感じたりすると、
神経のバランスが乱れるめまいなどの症状が出現する恐れがあります。
事前に主治医に
相談してアドバイスしてもらってください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。