めまいとふらつきの症状

めまいとふらつきの日頃の症状について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニエール病(症候群)

メニエール病とは
何らかの耳の異常を伴い、めまいや吐き気、耳鳴りや難聴を繰り返す難病をメニエール病と呼びます。
30歳~50歳に多く見られます。日本でのメニエール病の有病率は10万人に30~40人と
言われています。最近では軽い症状を訴える人も増加しているようです。通院や薬の投与などで
一度で治ってしまうこともあります、しかし、そのほとんどが症状が治まっても、
まためまいや耳鳴りの症状を繰り返すことが多い様です。

メニエール病の原因
メニエール病の原因として考えられるのは、内耳の中にたまっている内過剰に
できたか、吸収障害でリンパ液がたまり水腫をおこしている状態です。 こう言った内リンパ水腫になると、耳詰まりや軽い難聴を引き起こした後に
めまいや難聴を引き起こします。 このリンパ液過剰の原因として、ストレス、
アレルギー、遺伝性、ウイルス不眠、疲労など様々な原因が挙げられています。
しかしその原因も確実とは言えず、メニエール病の原因は未だ確定していません。
めまい患者の5~10%がメニエールと言われています


メニエール病の症状
メニエール病で現われる主な症状は、突然の回転性めまい(発作的なグルグルと回るめまい)、
難聴(聴力の低下、耳閉感)、耳鳴り(金属音や低音が耳の中で鳴っている感覚)、
自律神経症状(悪心、嘔吐、冷や汗)、身体の平衡障害などをきたします。
2日以上めまいが続くのはまれです。


メニエール病の治療
メニエール病の病因が不明である以上、残念ながらメニエル病の根本的治療法を
確定する事はできません。しかし、結果として対症療法を行っていく様に
なります。
発作直後は安静にします。
リンパ圧を下げる利尿剤、また、血流改善剤やステロイド剤、鎮静剤などが有効です。
しかし、メニエール病のめまいの誘因としてしばしば長期にわたる精神的緊張の持続、
過労、睡眠不足がみられます。このようなライフスタイルの改善、精神的にも肉体的にも
余裕のある生活を心がけるのも大切です。しかし、それでもめまいがコントロール
できない難治性のメニエル病の場合には手術治療を行っています。


スポンサーサイト

メニエール病の対策

メニエール病対策①ーストレスの回避

一般的に「ストレスがめまいを発生させる」との意見はかなり多いのですが、
それがどうして内リンパ水腫、すなわちメニエール病の発生原因とつながるのかは不明です。
しかし、通常、メニエール病=内耳の問題と限定しがちですが、「リンパ水腫」
(=水分が内耳に溜まる状態)の水が溜まる・排出出来ない原因があります。
その原因にストレスが密接に関係しているように思われます。
内耳の付近の血流が低下していると常時補正しているリンパ液の代謝速度が低下してしまい
(ストレス、寝不足から血管が収縮気味となる状態)、普段は血液に乗って、
常時調節、排出されているはずのリンパ液の代謝が追いつかない。その結果、視神経の疲労(目の疲れや長時間の運転)でもめまい、メニエール病発生の引き金となる方が多いと考えられます。
それは視神経が疲労した状態はストレスがかかった状態と同様に血管が収縮しやすい事
からも言える事だと考えられます。


メニエール病対策②ー水分の過剰摂取に注意

メニエール病で内リンパ水腫が原因と考えられえる場合は、「水分過剰」に
気をつけることが基本となります。
これは、水分が多い方が血液の流れがよくなるのでは?と思われるかもしれません。
「リンパ水腫」は悪質な水分、過剰な部分であり、内耳という限定された部分に溜まって
いるわけです。そして回転するようなめまいであったり、耳鳴りなどの
症状を引起します。
その状態を改善させる為には、内耳付近の血液循環が大切です。血液に乗って
水分が補給、代謝されます。
しかし、過剰な水分は内耳に溜まり血液循環を邪魔します。
血液の流れをよくする以前の問題として過剰水分が臓器や器官を浮腫んだ状態を
つくってしまい、その事が逆に血液を流れにくくしています。
何事も過剰はよくないという事で、水分も適切な量を心掛けてください。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。